無理のないダイエット

22歳で社会人になり、それまでは60キロぴったりの体重だった。

しかし、社会人になり、体重が急増した。http://www.elbooki.com/

急増した理由は、一人暮らしによる食生活の乱れと飲み会等へ参加する機会が増えたからだ。

自炊することはほぼなく、朝食と昼食は必ずコンビニエンスストアで済まし、夕食は外食でで済ましていた。

そんな生活をして、1年程経過し、出張先の大浴場で先輩社員から「太ったなー。」と言われ驚いた。

そんなまさかと思い、半信半疑で脱衣所の体重計に乗ると、60キロから85キロまで増量していた。

あの時ほどのショックを感じたことは今までの人生で1度もなかった。

その日から、ダイエットをしようと決意するものの、なかなか1年で習慣化した生活は治らず、ずるずる時が経ってしまった。

意志が弱いとはまさにこのことだった。忙しいという理由で楽な食生活を選んでいた。

そんな中、たまたま見たテレビでダイエット方法が紹介されていた。

私にもできそうだなと思い、試しに初めてみると3ヶ月で10キロ痩せることができた。

その方法は「18時以降は何も食べない」というものだった。

18時以降は水分だけに抑え、空腹を紛らわすために、炭酸水を飲んでいた。

個人差はあると思うが、私には効果があった。

個々によって様々な生活リズムがある。その生活にあった無理のないダイエットを選択することが、ダイエットへの近道である。