白髪が目に入った瞬間の衝撃と対策秘話

朝、顔を洗って、タオルで顔を拭って、なんら変わりのない今日が始まるのだと思っていました。

艶黒美人の悪い評判を徹底調査!

しかし、櫛で髪をとかしているときです。何かが違うような気がしたんです。

前髪の生え際に、きらりと光る一筋の線が見えたのです。ハッとしました。嘘でしょうという、嫌な感じです。

恐る恐る、光の先をたどっていくと、そこには紛れもなく存在してしまったのです。

そう、『白髪』です。

うわっ、白髪だ、私も老けたなと思うと同時に、いやいや、まだ一本なんだから何か対策があるはずだと、心はバタバタしていました。

「白髪、どうしよう?白髪、どうしよう?」

頭の中で白髪パニックが勃発しています。

深呼吸して、気を落ち着かせると、白髪について美容師さんからある話を聞いていたなと思い出しました。

『頭皮に潤いがなくなると、白髪が生えますよ』

『つまり、頭皮が固くなると、白髪の原因なんです』

その言葉を思い出した私は、白髪が生えている箇所を手で触ってみることにしました。

すると、頭皮が固いような気がしてきました。他の部分にも同じように触れてみるのですが、指の腹でキュッキュッと動かしたときの頭皮の動き方が全く違うと気づいたのです。

その日から、シャンプー前の濡れた頭皮をマッサージ、塗らした髪にオイルをつけてのマッサージの2種類を試し始めました。

また、体の中からのケアとして水分をこまめに摂るという習慣を心がけていきました。

その結果、半年くらいで頭皮がやわらかくなり、それ以来、白髪を目にすることもなくなりました。

たった一本の白髪が与えた衝撃でしたが、美容師さんの白髪対策のおかげでまだまだ毛髪の老けは回避できそうで良かったです。