2歳差兄妹の兄の赤ちゃん返り

お兄ちゃんが1歳11か月の時に妹が産まれました。

私が出産で入院中、1回だけ面会に来たのですが、いとこたちと一緒だったためか全く新生児の妹には興味を示さず、さっさと帰ってしまいました。私がいない間もさみしいと泣くこともなくお父さんと過ごしていたようです。セノッピーの3ヶ月の口コミ

退院して2週間ほどは、日中はべたべたや甘えん坊になったりわがままを言うことはなかったのですが毎日夜泣きがひどかったです。0時ころから始まり明るくなるころ3~5時頃に寝る生活でした。新生児の頻回授乳+お兄ちゃんの夜泣きでこの頃はとにかく寝不足であまり記憶がないのですが、とにかく辛かったことだけは覚えています。

その後、徐々に甘えん坊が出てきて抱っこ抱っこで離れてくれなくなり、家事すらままならず抱っこひも前後につけて前に妹、後ろにお兄ちゃんと2人抱えていることもよくありました。

そして、さらに極めつけはおっぱいでした。おにいちゃんは1歳3か月の時に保育園に入園するため断乳していました。妹がおっぱいを飲んでいるところを見て自分も飲みたいと言うので、1回くらいならいいかと飲ませてみたら、妹が飲むたびに欲しがるようになってしまいました。添い乳で寝かしつけをしていたので、気付は2人を添い乳で寝かしつけるようになっていました。これではいけないと思いつつも2人同時授乳と添い乳生活は半年ほど続きました。妹が産まれて爆発的に言葉数が増えて2歳半にもなり理解力がついてきたころ再びお兄ちゃんの断乳を決意しました。お兄ちゃんには毎日毎日もうおっぱい終わりだよと言い続けていくうちに授乳回数が減り自然に卒乳していきました。

そんな究極の赤ちゃん返りをしていたお兄ちゃんは3歳になり、いやいや期を迎えてまだまだ母の手を焼きながら過ごしています。また、妹の行動範囲が広がりお兄ちゃんのおもちゃに手を出しては兄妹けんかをするようになりました。兄妹けんかを見ていると2人とも大きくなったなーと思います。

まだまだ大変なことはたくさんあると思いますが、これからも2人の成長を見逃さず楽しく育児していきたいと思います。