乳酸菌パワーを高めてくれるホットヨーグルト

体に良いとされる発酵食品。その中でもヨーグルトは、キムチや納豆と同様に栄養価の高い発酵食品として代表的な食べ物の一つです。そんなヨーグルトには整腸作用はもちろん、免疫力アップやアレルギー症状の緩和など、私たちの体にさまざまな効果をもたらしてくれます。その効果の原動力となるのが乳酸菌の働きですが、腸に届くことでそのパワーは遺憾なく発揮されます。

極み菌活生サプリの効果を徹底検証!西野未姫さん愛用菌活サプリの私の口コミ!

乳酸菌は、腸の中の悪玉菌を撃退し、善玉菌を増殖させて活性化させる働きがあります。さらに、お肉などを食べることにより腸の中はアルカリ性に変化しますが、乳酸菌はそれを酸性に変えてくれる働きがあります。そうすることで腸が活性化され、免疫力のアップにつながるのです。しかし、善玉菌は年齢や食生活によって減少するため、それを補うためにも乳酸菌のパワーが欠かせないのです。

さて、乳酸菌が腸を活性化させ善玉菌を増やすことで免疫力アップ効果が期待できますが、その乳酸菌のパワーを最大限に引き出すためにはどのような食べ方をすれば良いのでしょうか。ヨーグルトと言えば冷やして食べるイメージですが、実は人肌程度に温めると良いとされています。乳酸菌が活発的に働く温度は40℃程度と言われています。つまり人体の体温と同程度ということです。ただし、温め過ぎると乳酸菌が死滅してしまいます。

ホットヨーグルトの作り方は至って簡単です。まず、お好みのヨーグルト80~100gを耐熱容器に移し、600W設定の電子レンジで30秒ほど温めれば出来上がりです。あとは好みに応じてイチゴやバナナなどのフルーツ、蜂蜜やコーンフレークなどトッピングをすると良いでしょう。乳酸菌は腸の中で長く生き続けることが難しいため、ヨーグルトを毎日食べ続けることがとても大切です。

これまであまりなじみのなかったホットヨーグルトですが、健康志向の昨今ではその認知度も高まってきています。私もそうでしたが、冷たいヨーグルトを温める際、最初は戸惑いや抵抗があるかもしれません。しかし、ヨーグルトが持つ乳酸菌パワーを最大限に生かすためにも、オススメの食べ方です。ホットヨーグルトをまだ試されていない方はぜひこれを契機に、既に毎日召し上がっている方は飽きない工夫を取り入れながら、健康的で快適な日々を過ごしていきましょう。