悪臭の匂いの元と幸せな体というものの正体

ーーー匂いと体ーーー
幸せな体。そんなことが話題だった。精神病の患者のように心と体は別物で、体の幸せは挿入ばかりとなってしまうと人間の幸せとはかなりかけ離れた獣の幸せの話になってしまう。人間は、どうなのだろう?長い歳月、動物の幸不幸の話ばかりを聞いているとなんにもいいことがなかった!と怒りがつよくなりすぎることがある。

http://matthewongamedesign.com/

人間はどうなのだろう?好きな香水やオーデコロンの匂いを嗅ぎ続けると次第に幸福感が増すと述べられていた。長い時間匂いに囚われては、幸福感が増すわけもないのだが。匂いに人の匂いが混らないのは、幸福感が増す。人の匂いが混じって欲情する変態と争い過ぎたのか、匂いの混ざる前のオードトワレの匂いをこよなく愛していた。

悪臭や体臭についての問題をよく聞くのだが、様々なデュフューザーなどが流行ったが、消臭スプレーの即効性というものがいい!と思い愛用している。殺虫剤でゴキブリに殺意を抱く時と心持ちは似ている。悪臭を感じたら素早くシュッと消臭スプレーを噴射する。消臭スプレーの家庭を思わせる控えめな匂いというものに、安心した心持ちになる。何処から魔の手となるかわかないような悪臭をアッと言う間に退治できるからである。