バストは体に寄生した生き物

年齢が進むと、若いころに頑張って大きくしたバストの跡がとても悲しい形になって残ってしまうようです。老後を考えると、生涯を通して小さいほうが最後は得なのではないかと感じてしまいますが、世の中は残酷ですよね。年が若いころに必要なものと不要なものは年を重ねたころには価値が逆転してしまうのですから。

http://www.staircase1890.com/

まだギリギリ働き世代の私はバストの存在を疎ましく思っています。将来的には個人として低音を発声させたいのでバストはいりません。それでも、ショートヘアの今の私が女性であることを証明するにはバストって必要不可欠なアイテムであるので、大きかったらそれでほしいなとも感じています。

実際の私のバストは生き物のように日々変化しています。男性のような低い音を出すことを頑張っている最近では、ブラジャーを新調した時に気づいたのですが、カップ数がかなり下がっていいます。昔はテレビでよく2週間でバストアップの方法を特集している番組がありましたが、私の体ではまさにその反対の現象が現れています。

そして、ほかの目的を達成するために組んだ計画を実行することでまたふくらみが復活しました。そしてさぼっている今ではまた萎み始めています。何の努力もしないでバストを大きくする方法はないのでしょうか。